美容電気脱毛とレーザー脱毛の違い

美容電気脱毛は髭脱毛に効果的

男性の大きな悩みとなってしまうのが、ヒゲの悩みです。

 

ヒゲが濃かったり、青ヒゲになっていると不清潔な印象を与えてしまい、女性にも持てなくなってしまいます。

 

そんな髭の悩みを改善するのにオススメなのがヒゲ脱毛です。

 

ヒゲを脱毛することによって、肌を綺麗にすることができヒゲの処理をする手間も少なくなります。

 

ヒゲ脱毛の方法は幾つかありますが、中でも特に効果的なのが美容電気脱毛と呼ばれる方法です。

 

ニードル脱毛とも呼ばれる方法で、脱毛方法の中で最も効果が高いとされています。

 

ニードル脱毛の仕組みは簡単で、ニードルを毛穴の奥までに通し電流を送ることによって、毛乳頭をはじめとした発毛のための組織を壊すことによって二度と毛を生えてこなくするというものになっています。

 

ニードルは、金属アレルギーを引き起こさないためにチタンやゴールドなどで作られており、通常の挿入器具と、絶縁体でコーティングされている挿入器具の二種類があります。

 

挿入器具の種類によって火傷や炎症のリスク、痛みなどが違ってきます。

 

ニードル脱毛は、毛穴に直接電気などを与えて破壊するために、その効果は高いのが特徴です。しかし、しっかり脱毛効果を得るためには施術者の高い技術が必要で、未熟な人が行うと効果は感じられないのに痛みが残るということもあります。

 

基本的に痛みの大きい施術方法ではありますが、医療機関では軽減するための麻酔クリームや麻酔注射などが行われています。
(但し、今は医療機関ではレーザー脱毛が主流なので、老舗のエステでしかやっていないので、麻酔は証できません。)

 

麻酔クリームは塗るだけで麻酔の作用が出てきますが、塗ってから30分程度で作用が現れるため非常に時間がかかります。

 

したがって、ヒゲ脱毛として利用する場合には、かなりの時間がかかるため時間の余裕があるときに通院することが大切です。

 

ヒゲの悩みを改善するのに良い方法ではありますが、人の手で挿入器具を通すというのは時間もかかり、安全を確保するために急いで行うことはできないようになっています。

 

そのため、ヒゲ脱毛を行いたいという場合にはまずは手軽に行うことのできるレーザー脱毛を最初に行うことがオススメです。

 

レーザー脱毛を行った上で、それでも出てきてしまう一部の毛に対してはニードル脱毛を行う、という施術を行うことによって効率的かつ痛みを少なくしながらヒゲを処理していくことが可能となっています。

 

様々な場所でヒゲ脱毛は行っていますが、ニードル脱毛を行う場合は技術力のある信頼できるところで行うことが大切です。

 

20年たっても脱毛したところから生えてきていないという実績があるのは、メンズTBCなど老舗のエスサロンだけです。

 

料金が高く費用がかかるので、ヒゲ全てを最初から美容電気で脱毛するのは簡単なことではありませんが、満足度は高いので、他の脱毛方法でも脱毛しきれなかった場合はお勧めできます。

レーザー脱毛も痛いけれど

医療レーザーは永久脱毛ができる効果を持つのが大きな特徴です。それだけ脱毛作用が優れている証明なのですが、しかしながら強力さに伴い痛みを強いのが短所と考えられています。

 

美容電気脱毛とはまた違った強い痛みが発生します。ほんの少しだけレーザーの方がましという程度で痛いのは変わりないでしょう。

 

ことヒゲ脱毛については刺激に敏感な顔に行う施術ですので、余計に痛く感じられやすいと言えるでしょう。

 

痛みが強い理由ですが、ひとつにレーザーの強力な照射力です。単一の光が集中的に毛根に向かって照射されることで熱を生み出し刺激も発生します。

 

その代わりに毛根にも強力に作用して脱毛ができます。

 

もうひとつの理由にヒゲが丈夫な体毛だからです。男性のヒゲは太く濃さもありますが、するとレーザーも反応しやすく余計に痛みも強まります。

 

ただ、施術を繰り返していくことで刺激に慣れていくことも多く、またヒゲが薄くなることによっても痛みは小さくなります。

 

最初の内が一番痛く感じられますので、脱毛のし始めは刺激があるものだと考えておいた方が良いでしょう。

 

しかしながら刺激を我慢するのは大変かもしれません。個人差があるものの、かなり痛く感じられてしまうこともあるため、耐えようと思っても難しい場合もあるはずです。

 

そのような時には麻酔を使って施術をしてもらうのも良いでしょう。有料のオプションになることもありますが、痛みを和らげるための有効な手段です。

 

効き具合によっては無痛にまで刺激レベルを軽減できる可能性もあるほどです。

 

有無によって施術に対する恐怖心も違ってきますから、ヒゲ脱毛を受ける際には積極的な利用を検討してみる価値があると言えます。

 

麻酔以外にも刺激を小さくする方法もあります。出力を抑えて施術をしてもらうことなのですが、照射レベルを小さくすれば刺激も感じにくくなることが多いです。

 

そのため刺激が不安に思う場合は弱めのレベルで施術をしてもらうのもひとつの選択肢です。

 

ただし出力を下げるとその分、ヒゲ脱毛の効果が弱くなってしまう可能性があります。

 

それではレーザーの良いところをみすみす無くしてしまうことにもなりかねません。

 

したがって出力は高めで刺激に対しては麻酔で対応するという方法で考えた方が良いと言えます。

 

効果を高く保てば脱毛に掛かる期間も短くて済みます。下手に長引かせてしまうと手間も費用も掛かってしまいあまり良いことがありません。

 

レーザー脱毛を選ぶ人の多くは効果を重視しているはずですから、効果を維持しつつ快適に施術を受けられるプランで進めていくことが大切です。

関連ページ

髭脱毛って自力ではできないの?
自宅で自分でひげの脱毛ってできるのでしょうか?家庭用のレーザー脱毛機などが販売されていますが、効果はどの程度あるのでしょうか?
ヒゲ脱毛料金、費用はどのぐらいかかるの?
ヒゲの脱毛をするにはどれぐらいの費用がかかるのか。それは脱毛方法によっても大きく異なります。予算に合わせた脱毛方法を選ぶべきです。高いものでは50万円を超える料金が見積もられることもあります。
ヒゲ脱毛Q&A
ヒゲ脱毛に関してどんな疑問を抱いているのが取り上げた見ました。また祖股のひげ脱毛、脱毛に関する情報の取得ができる際との情報などもまとめています。
蓄熱式脱毛機メディオスターとヒゲ脱毛
痛みが少なく、日焼けした肌でも大丈夫、毛周期も気にしなくて良いと言われる蓄熱式脱毛機。本当にそんなに理想的な脱毛機なのか?その現実を暴いてみた